あなたの人生が変わる美容整形

やはり自分がキレイになったな思うと人生をエンジョイできます。態度も堂々としてきます。そして人前には進んで前に出て行かれます。

サイトトップ > 豊胸手術

スポンサードリンク

あなたの人生が変わる美容整形

豊胸手術


整形にもいろいろありますが、バストの小さな女性にとって一番関心があるのは、やはり豊胸手術ではないでしょうか。 豊胸手術には「豊胸バッグ」といわれる人工乳腺を胸部に挿入するのが一般的です。 豊胸手術で豊胸バッグを挿入するには、ワキの下のシワに沿って、目立たない部分を最小限切開して挿入します。その時出来た傷は、時間がたてば目立たなくなります。 豊胸手術で豊胸バックを入れる場所は、一般的に2か所あります。つまり乳腺の下にある大胸筋の下と、大胸筋の上の乳腺下です。痩せていてバストが小さいひとには大胸筋の下にバッグを挿入する方法が向いており、ある程度バストにボリュームがある人には乳腺下にバッグを挿入する方法が向いているようです。 豊胸バッグには、安全性、感触、耐久性の優れているものが3種類あります。バイオセルバッグ、CMCジェルバッグ、クリスタルバッグです。 【バイオセルバッグ】 バリアコートと呼ばれる3層構造の皮膜で、従来の豊胸バッグに比べさらに耐久性に優れています。シリコンが液状ではなく流動しないコヒーシブタイプのシリコン製バッグですので、動きも自然です。また表面はざらざらしたテクスチャータイプですので、術後カプセル拘縮を起こしにくい加工がされています。CEマーク(欧州安全基準)を取得しており、安全性にも定評があります。 【CMCジェルバッグ】 CMCは「カルボキシルメチルセルロース」の略。医薬品や食品の原料としても使用されている物質ですので、人体には全く無害です。これを生理食塩水に混入して、自然な感触を実現します。中身が粘液状であるため伸縮性にも優れています。1998年にCEマーク(欧州安全基準)を取得しており、現在23カ国で使用されいます。 【クリスタルバッグ】 コヒーシブタイプのシリコン製バッグです。ニューシル・シリコン・テクノロジー社製「液状高分子シリコン」に、多層構造による被膜精製とバリアコートで耐久性に優れています。ただし、バイオセルバッグやCMCジェルバッグに比べるとやや感触は硬く、仕上がりの感触は劣ります。


あなたの人生が変わる美容整形

MENU



スポンサードリンク